HOME > Official Blog > アーカイブ > 2018年9月

Official Blog 2018年9月

台風対策

酷い雨や台風が過ぎたあと、よくお問合せを頂くのが雨漏りや雨樋の破損修理です。
今週末も台風が横断するようで心配ですね。

日頃からできる対策として、
・雨樋に枯葉や枝、泥などがつまっていないか
・雨樋の接合部に外れがないか、金具に緩みがないか
・排水溝は雨水が速やかに流れるか
・雨戸にがたつきがないか
・屋根にずれたり浮いたりしているところがないか

以上を点検しましょう。雨樋の破損はもちろん経年劣化によるものもありますが、
枯葉や泥の詰まりによるものがわりと多いです。

雨漏りをした場合は、雨漏りしている箇所だけではなくその時の風向きを覚えておきましょう。
あとで修理をする際に見付けやすくなります。

日頃から万が一に備えて点検をし、被害を最小限にしたいですね。

賢い家づくり勉強会へのご参加ありがとうございました

9/9(日) 賢い家づくり勉強会へご参加くださった皆様、ありがとうございました。

皆さんメモをとりながら、中村講師のお話を熱心に耳をかたむけておられました。

2018_09_09_15_20_27.jpg

次回は10/20(土) 会場は今回同様、かつしかシンフォニーヒルズ 別館2階メヌエットにて開催いたします。
「まだまだ」の人も、「そろそろ」の人も、ぜひぜひご参加ください。





夏と、サーキュレーターと、私。

毎年、冬から春、夏から秋の季節の変わり目にノドを痛めてしまう事務・広報の上遠野です。
一度痛めてしまうと治るまでに、一週間から10日ほど。これが地味にツラいのです。

ところが、今年の夏のど真ん中、季節の変わり目でもなんでもない時期にもノドを痛めてしまいました。
原因はエアコンか? と思ったりしましたが、コレ↓もひとつの原因かもしれません。
それでは恥をしのんで・・・



DSC_4113.JPGDSC_4115.JPG

なんということでしょう、このホコリ!
普段から気にかけて掃除しているのに・・・。
やはり今年の夏の暑さで、サーキュレーターを酷使し過ぎたのでしょうか。
こんなにもホコリのついたプロペラで循環されている空気を吸っていたのかshock

プロペラ部分と白い枠の部分を念入りにキレイにふき取ったところ、なんとなく
ノドの調子もいいような。(気分の問題だけかもしれませんが)

ひと夏終えたサーキュレーターは想像以上に汚れています。
扇風機やサーキュレーターをご使用の方、仕舞う前にご確認を。




1

« 2018年8月 | メインページ | アーカイブ | 2018年10月 »

このページのトップへ